TEL
leaf

私たちのナラティブ

訪問看護のやりがい

緑が丘

 今回は、訪問看護ステーションのやりがいを紹介します。

私は訪問看護の世界に初めて飛び込んでから、今年で2年目となります。
元々私はクリニックで勤務していました。そこから、訪問看護を選んだきっかけは認知症と思われる高齢の方が何度も内服薬を取りに来ることが気になったからです。
とても単純に何故だろうと・・・。
意気揚々と訪問看護師となった私ですが、毎日予想外・様々な出来事が起こります。
「薬が見つからないー!」「(薬)飲みません!」「ネズミが出た!」など、最初はどのように対応してよいか分からず、右往左往していました。
がっくりと肩を落としてステーションに戻ってくると、先輩方が声をかけてくれ、そんな日常の利用者に関わる出来事に対し、過去の経験やアドバイスを頂きました。
今も訪問看護師を続けて居られるのは、共に働くスタッフのおかげと感じています。今はまだ看護師として、また、人として未熟な部分がたくさんありますが、日々訪問看護の面白さを感じつつ、成長していくことが今のやりがいです。

その他の記事を見る

さかえ

コロナ禍での訪問看護

ひのだい

訪問看護師インタビュー

にしき

看取りを支える

ご相談・お問い合わせ

CONTACT

訪問看護に関するご不明点やご相談がございましたら
まずは各ステーションへお気軽に問い合わせください

※こちらの番号は代表に繋がります
訪問看護担当者につなぐようお伝えください

受付時間 平日09:00~17:00

採用エントリー