TEL
leaf

私たちのナラティブ

訪問看護師インタビュー

にしたま

当ステーションに就職を決めた理由は何ですか?

私は社会人経験をして看護学校に入りました。看護学校に入るきっかけとなったのが、自分の父親が癌になり、兄や私が自宅で看るのが難しかった時に、看護師だった叔母や訪問看護師の方々にお世話になったことでした。それと同時に「家で看ること」を意識するようになりました。学生の時に、少しずつ療養者や家族と深く関わる在宅に魅力を感じ、訪問看護師の仕事をしたいと思うようになりました。多摩地域で新卒から訪問看護ステーションに配属できる健生会に入職をしました。卒1の時はにしき訪問看護ステーション、卒2の途中で異動し、現在はにしたま訪問看護ステーションで働いています。

 

実際に働いてみてどうですか?どのような看護実践ができていますか?

看護学生のときはコロナ禍で実習もままならずの状態で入職したため、コミュニケーションやケアもいっぱいいっぱいでした。病棟の経験や知識もなかったため、ご家族からの質問や相談にもすぐ答えられず、不安なことも多かったです。不安なことはステーションで相談し、同行訪問も自分に自信がつくまでついていただき、フォロー体制をしっかりしてくれました。今では一人での訪問はもちろん、オンコールを持てるまで成長する事ができました。まだまだできない看護実践もありますが、その都度フォローしていただけている環境に感謝しかありません。

 

印象に残っている患者さんのエピソード

たくさんの利用者さんから学ぶことがあり、どれも印象に残っています。特に印象に残っているのは頸部腫瘤癌末期の女性の方で、腫瘤からの出血が止まらず、本人や家族が不安な日々を送る中、ケアに携わったことです。息抜きができない状態であったため、Ns同行のもと近所の公園まで外出しました。利用者の表情が明るくなり、昔の話をいろいろ聞かせてくれたこと、その人らしい生活や関わりの重要性を改めて学ぶ事ができました。それ以来、利用者さんや家族の生活の一部を支える、という視点を常に忘れないよう心がけています。

 

最後に一言

まだまだ自分の看護技術不足や利用者さんとの関わりに不十分な事が多いですが、どんなささいな不安も相談できる今の職場の存在は大きいです。これからも長く訪問看護師として働きたいと思っています。在宅での利用者さんと家族との関わりは奥深く、これからもひとつひとつ丁寧に携わっていきたいです。

 

その他の記事を見る

ひのだい

病棟とは違う魅力があります

ひのだい

子育てをしながら楽しく訪問しています

緑が丘

利用者様の笑顔を見れることが充実した時間となってい...

ご相談・お問い合わせ

CONTACT

訪問看護に関するご不明点やご相談がございましたら
まずは各ステーションへお気軽に問い合わせください

※こちらの番号は代表に繋がります
訪問看護担当者につなぐようお伝えください

受付時間 平日09:00~17:00

採用エントリー