お知らせ詳細

私たちのナラティブ

訪問看護のやりがいや楽しさを伝えていければと思っています

  • 訪問看護のやりがいや楽しさを伝えていければと思っています
    日吉町

当ステーションに就職を決めた理由は何ですか?

私が看護学生の頃はまだカリキュラムの中に訪問看護ステーションでの実習はありませんでした。病棟等での看護の経験を積みながら、退院後の患者さんや、そもそも入院せず在宅療養している方々に直接携わる仕事がしたいと思うようになりました。転職を考えた時、自分が以前出産した際とても親切で信頼できると感じた病院と同じ法人の訪問看護ステーションで募集があることを知り、応募し入職できることになりました。

実際に働いてみてどうですか?どのような看護実践が出来ていますか?

訪問看護を始めた当初は、道に迷いながら決められた時間に決まった看護ケアをこなすということで緊張感いっぱいでした。お家に訪問して患者さんや家族とのコミュニケーションをとっていく中で、疾患や障害についてはもちろん、生活や考え方もひとりひとり違うということを学び、個別性、多様性について興味深く思うようになりました。訪問看護の仕事は疾患や年齢の範囲も幅広く、在宅ならではの看護ケア、社会福祉制度、地域の関係機関連携など病棟看護師とはまた違った面で勉強しなければならないと感じることも多くあります。私の場合、訪問して知識が足りないことがあったり、情報が整理できず混乱したりなど色々ありました。また、子育て中は体力的にも時間的にも余裕がなく焦りや不安を感じることもありました。そのような中でも先輩や周囲のスタッフに支えてもらいながら、そして利用者さんとの関係で少しずつ自信をつけながらやりがいを感じ、これまで仕事を続けてこられたと思っています。最近は子ども達も成長して手が離れてきたので、今度は自分が少しでも周りのスタッフを支えて、訪問看護のやりがいや楽しさを伝えていければと思っています。

印象に残っている患者さんのエピソード

これまで関わった利用者さんで印象に残っている方はとても多く数えきれません。その中でも・・・嚥下障害で口からの食事は無理と言われ、医療的には胃ろうや点滴で栄養をとるように指導されていた方が、本人の食べたい気持ちを叶えたいとご家族の手厚いケアで少しづつ口から食べられるようになったケースがあり、在宅で過ごすことの意味、家族の力の偉大さを実感しました。看護師としてはどのような立ち位置で本人や家族と関わるか難しさがありましたが、専門知識を持ちながら利用者さんの思いに寄り添い続ける大切さを学びました。またALS(筋萎縮性側索硬化症)の方のケースでは病状が進行していく中で、文字盤やパソコンのコミュニケーションツールを通して時間をかけながらご本人の思いを聴き、QOLを守るために何が必要か、何ができるか考えながら、何とか訪問看護師として役割を果たせるように関わったことなどが印象に残っています。

最後に一言

今でも自分の力不足を感じ情けなくなることも度々ありますが、小さな経験でも無駄にせず少しずつ成長できるよう日々の訪問を大事にするようにしています。これからの時代、高齢者、小児、難病、精神など在宅医療、福祉の分野はさらにニーズが高くなると思われます。できるだけ多くの方が安心して自分らしく在宅で療養できるよう、また地域医療に貢献できるようこれからもステーション全体で力を合わせ丁寧な看護を実践してゆきたいと思っています。

ナラティブ一覧

 

CONTACT

訪問看護に関するご不明点やご相談がございましたら
まずは各ステーションへお気軽に問い合わせください

※こちらの番号は代表に繋がります
訪問看護担当者につなぐようお伝えください

tel.042-523-2375
受付時間 平日09:00~17:00

採用エントリー