• HOME
  • 健生会訪問看護ステーション全職員会議
お知らせ
  • 2016.04.20お知らせ

健生会訪問看護ステーション全職員会議

健生会訪問看護ステーション全職員会議 ~医療関連感染対策の基本と訪問看護アクションプラン2025~

年2回訪問看護ステーション全職員で集合し会議を行っています。3月12日(土)に行われ、今回は8ステーションから58名の参加がありました。訪問看護コースの研修生も4名参加しました。

 医療関連感染対策を立川相互病院感染管理認定看護師の伊藤淳さんより講義を受けました。

健生会訪問看護ステーション全職員会議 ~医療関連感染対策の基本と訪問看護アクションプラン2025~

在宅であっても、利用者さんを守る立場で、きちんと説明し、マスクやエプロンの着用をしなければならないことを再認識しました。

「マスクの着用方法や手洗いも今までは正しくなかった。今後は効果のある方法を実践したい」と感想が出ました。

「訪問看護アクションプラン2025」は日本看護協会、日本訪問看護財団、全国訪問看護事業協会の3つの団体が中心になって作成したもの。団塊の世代が後期高齢者となる2025年に向けて訪問看護が目指すべき姿を示したものです。

「利用者のニーズは高まっている、実際祝日出勤も増えている。訪問看護に求められることが多くあることを知った。訪問看護だけでは支えきれないことも感じた。」など意見交換をしました。

2016年度の方針に生かしていきたいと思います。

一覧に戻る >>