• HOME
  • 第3弾 小児難病学習会開催を開催しました
お知らせ
  • 2013.10.16訪問看護日誌

第3弾 小児難病学習会開催を開催しました

第3弾 小児難病学習会開催を開催しました。
2013年9月13日、緑が丘訪問看護ステーションで学習会を行いました。

今回のテーマ『人工呼吸器』 
業者より、「カフアシスト」と「トリロジ―人工呼吸器」の説明を受け、実際装着して学習しました。

参加者は4ステーション、11名。
健生会以外で連携を取っている小児科クリニックも、講師含めて看護師3名参加していただきました。
少人数だったので、「カフアシストの導入にあたっての工夫は?」など日ごろの疑問点の出しやすい学習会でした。訪問している小児眠カンファレンスにもなりました。

参加者からは、また来年度もシリーズで勉強したいという要望が出されました。

訪問看護ステーションは年々小児難病の依頼も増えてきています。
保健所や地域の小児科クリニック、専門病院、などとの連携も増えています。
現在7ステーションで19名の小児を受け入れています。
学習して、力量アップした看護が提供していきます。

トリロジー装着中。

カフアシスト装着、排痰の仕組みを確認。

緑が丘訪問看護ステーションが入っている大南ファミリークリニックの会議室で行いました。

一覧に戻る >>